データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本ハム、好機に連続三振で反撃できず アスレチックスの鉄壁継投の前に6回まで沈黙

2019/03/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



2番手でマウンドに登った金子が好投も…

<オークランド・アスレチックス ― 北海道日本ハムファイターズ>
 
 3回に3連続タイムリー安打が飛び出して4-0とリードを広げたアスレチックスに対して、日本ハムは4回にアスレチックス4番手のフェルナンド・ロドニー投手の前に1死二、三塁のチャンスを作るも田中賢介内野手、石川亮捕手が連続三振を喫して無得点に終わる。
 
 日本ハムは、5回から2番手として金子弌大投手が登板。この日2打点を挙げていた4番クリス・デービス外野手をチェンジアップで空振り三振に仕留めるなど、アウト3つを全て三振で取りこの回を無失点に抑える。
 
 そして直後の攻撃で、アスレチックス5番手のライアン・バックター投手に対して先頭の9番・中島卓也内野手が左前安打で出塁。そして、続く淺間大基外野手の打席で二盗、三盗を成功させて1死三塁とする。しかし淺間と西川遥輝外野手が連続三振に倒れ、3番の大田泰示外野手も遊ゴロに打ち取られて、ここでも反撃の得点を挙げることができなかった。
 
 6回、2イニング目に入った金子はここでも好投。2死から2番のマット・チャップマン内野手に四球を与えたものの、続く3番のマット・オルソン内野手を空振り三振に仕留めてこの回も2三振奪い、アスレチックス打線を沈黙させた。しかし、その裏の攻撃ではアスレチックス6番手のユスメイロ・ペティート投手の前に無得点。リリーフ投手で先発から継投する戦術に手が出ない状況が続いている。