データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【春季キャンプ見どころ・カープ】脱“タナキクマル”へ向け競争を 坂倉将吾のブレークに期待

2019/02/06

text By

タグ: , , , ,



 2月1日からプロ野球の春季キャンプが一斉にスタートした。大物ルーキー、新外国人、フリーエージェント(FA)移籍など新加入の選手に注目が集まるが、それぞれのチームがシーズンを勝ち抜くためのポイントはどこか。開幕時点の投手起用とオーダーを検討し、見どころを探る。
 

迫られるブルペンの再構築


 先発陣は大瀬良大地、野村祐輔、クリス・ジョンソンが中心になっていくことは間違いない。開幕投手はこの3人の競争となる。
 
 残り3枠をめぐる争いは混沌としている。
 
 昨季の日本シリーズでも登板した九里亜蓮が一歩リードするが、昨季3勝を挙げた中村祐太、中継ぎから転向が予想されるアドゥワ誠、手術明けの床田寛樹、期待のホープ塹江敦哉、高卒2年目の山口翔やルーキーの島内颯太郎らにも期待がかかる。新外国人のローレンスやレグナルトなども実力を見たい選手だ。
 
 一方のブルペン陣は再構築を迫られている。
 
 クローザーは中﨑翔太が務めるが、ジャクソンが退団し、3年目のアドゥワは先発へと転向した。8月の月間MVPを獲得したフランスア、一岡竜司が骨格をなすが、起用ポジションが決まっていない岡田明丈や制球難ながらも速球が武器のヘルウェグなどが重要なポストを争う候補とみられる。
 
 若い世代でも、ストレートの球威で押す矢崎拓也、フォークが持ち味の藤井皓哉あたりもリリーバーの適性はある。実績組の今村猛や中田廉が2軍スタート。これはおそらく、若い選手の競争を煽る狙いもあるのだろう。
 
 現代野球はブルペン陣の充実こそが優勝への鍵になる。4連覇へ向けて、どう整備していくのかが注目される。

【次ページ】野手
1 2