データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【春季キャンプ見どころ・ヤクルト】村上宗隆の飛躍に期待。昨季ファームで菊池雄星から逆方向弾

2019/02/05

text By

タグ: , , , , ,



スタメン盤石の野手陣、遊撃の定位置を築くのは?


 野手の育成が12球団で最も進んでいるヤクルトは、ほぼ入れ替えが必要ないくらいにスタメンは揃っているといえる。
 
 そんな中でも今キャンプの注目は2年目の村上宗隆だ。
  
 昨季、1軍のプロ初打席で初本塁打を放った。ファームでは調整中だったとはいえ、西武の菊池雄星の150キロのストレートを左翼スタンドに運んでいる。その強烈なパワーは12球団のトッププロスペクト(他の球団には譲りたくない若手選手)といってもいい。
 
 村上のポジションは、三塁か一塁になるが、空きがあるのは三塁になる。この1年で村上をどの位置まで押し上げることができるか、キャンプから楽しみであることは間違いない。
 
 一方、セカンドのレギュラーが山田哲人と確定しており、外野の3ポジションが埋まった上に、坂口智隆が一塁を守るときたら、ポジションがほぼ空いていないというのが実情だ。
 
 競争があるとしたら、ショートくらいだろう。昨季になって大卒6年目の西浦直亨がレギュラーを掴んだが、非凡な打撃センスを誇る廣岡大志、日本ハムから移籍の太田賢吾は小技に長けている。宮本丈やルーキーの吉田大成など、守備の安定感に秀でる西浦を上回れるか。今キャンプの注目と言える。
 
 
氏原英明

1 2