データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【春季キャンプ見どころ・ソフトバンク】サファテ復帰で大混戦の投手陣 野手は松田・内川の後任探し

2019/02/05

text By

タグ: , , , ,



塚田正義の台頭なるか

 
 西武からFA権を行使した浅村栄斗の獲得に失敗したことで、セカンドのポジションは今季も競争になりそうだ。
 
 昨シーズン終盤の離脱まで、レギュラーに一番近い位置にいた牧原大成が一番手候補だろう。打では抜けた感のある明石健志やムードメーカー・川島慶三のベテラン勢、西田哲朗がショートから回ってくる可能性も否定できないだろう。つなぎ役として期待できる髙田知季、川瀬晃、育成枠ながら周東佑京が1軍に当たるA班メンバー入りしている。
 
 一方、内川聖一、松田宣浩の後釜候補もキャンプで探さなければならない。
 
 昨季の終盤、グラシアルがその役を務めたが、二人に引導を渡す日本人選手が出てくることが、チームとしての理想だろう。塚田正義がどこまで迫れるかは注目したい。
 
 また外野は、中村晃、柳田悠岐、上林誠知で固まったレギュラー陣を脅かしたい。中村が一塁に回った際には、誰が左翼のポジションを奪うのか。特に、右打者は一塁もできる塚田に加え、真砂勇介にとっても大事なキャンプになる。
 
 正捕手争いも見ものだ。甲斐拓也が大きくリードするも、ベテランの髙谷裕亮、若い栗原陵矢、谷川原健太がその座を狙う。肩では甲斐が存在感を示しているのは誰もが認めるところだが、それぞれの持ち味をどう首脳陣に見せつけることができるか。
 
 
氏原英明

1 2