データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ここが正念場。再起を誓う、元タイトルホルダーたち<投手編>【編集部フォーカス】

2019/01/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



藤浪晋太郎(阪神タイガース)


・2015(最多奪三振)
28試合199回、14勝7敗、221奪三振、防御率2.40
 
2018年成績
13試合71回、5勝3敗、70奪三振、防御率5.32
 
 高卒1年目から3年連続2桁勝利を挙げるなど、華々しい成績でプロのキャリアをスタートさせた藤浪。だが、2015年のタイトル獲得以降は成績を落とし、昨季も自己最低となる防御率5.32に沈んだ。一方で、9月30日の中日ドラゴンズ戦で、2年ぶりとなる完封勝利を挙げるなど、明るい材料も多いことは確かだ。金本知憲監督体制の3年間では結果を残せなかったが、新体制となる2019年シーズンに期待がかかる。

【次ページ】岩隈久志
1 2 3 4 5 6 7