データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ここが正念場。雪辱誓う、元タイトルホルダーたち<打者編>【編集部フォーカス】

2019/01/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



長谷川勇也(福岡ソフトバンクホークス)


・2013年(首位打者、最多安打)
144試合、打率.341、198安打、19本塁打、83打点、OPS.902
 
・2018年成績
55試合、打率.287、29安打、5本塁打、20打点、OPS.843
 
 2017年オフに右足首の手術をした長谷川。再起を誓った昨季は、代打の切り札として勝負強さを見せた。だが、出場は55試合と満足できる数字ではない。上林誠知外野手ら若手が出てきているソフトバンクだが、34歳で迎える2019年は、持ち前の打棒でスタメン起用を勝ち取りたい。

【次ページ】角中勝也
1 2 3 4 5 6 7