データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



NPB、平成の打撃ベストナインは? ポジション別最強打者を選出<投手・DH編>

2019/01/04

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



平成の打撃ベストナイン

 全7回に渡って選出した平成のNPB打撃ベストナインは、以下の通りとなった。
 
投手  桑田真澄   (2002)
捕手  城島健司   (2003)
一塁手 松中信彦   (2004)
二塁手 R.ローズ   (1999)
三塁手 中村紀洋   (2001)
遊撃手 松井稼頭央  (2002)
外野手 W.バレンティン(2013)
    松井秀喜   (2002)
    イチロー   (1995)
DH   A.カブレラ  (2003)
 
 ラインアップをみると、やはり“飛ぶボール”と呼ばれた2000年代初頭に集中している事実はある。だが、これらの選手の成績に肉薄し、今後上回る可能性を秘めた選手が、現役選手にも存在していることは確かだ。
 
 日本には“トリプルスリー”の山田哲人や柳田悠岐、最多安打の秋山翔吾、海の向こうでは規格外の大谷翔平ら、一時代にとどまらない選手の存在もある。スター不在ともいわれる日本球界だが、近年は球界の顔とも呼べるタレントが揃う。新元号となる来季も、新たなスターの誕生に期待したい。

1 2 3