データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンクが背番号変更を発表 今宮が「6」、松田は初心の「5」に

2018/12/18

text By

タグ: , , , , , ,



 福岡ソフトバンクホークスは18日、来季から今宮健太内野手と松田宣浩内野手の背番号を変更すると発表した。今宮は「2」から「6」、松田は「3」から「5」となる。
 
 9年目を迎えた今宮は今季、故障によって2度の登録抹消を経験。1軍に定着した2012年以降最少となる99試合の出場にとどまった。5年連続で受賞していたゴールデングラブ賞も、埼玉西武ライオンズの源田壮亮内野手に譲り、悔いの残るシーズンとなった。10年目となる来季は、新たな背番号をつけて心機一転し、再起を図る。
 
 松田は、今季も全143試合に出場し、32本塁打、82打点を挙げる活躍。自身初となるベストナインにも輝いた。だが、シーズン序盤は極度の不振に陥り、打率2割前後と低迷。夏場に盛り返したものの、前半の不振が響き、打率.248。レギュラー定着以降、自己最低の数字となった。背番号「5」は入団から11年間背負った番号。初心に立ち返り、さらなる高みを目指す。