データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



OBのコーチ復帰、ドラフト戦略……ベイスターズ編成トップが明かす、2019年シーズンへの戦力補強

横浜DeNAベイスターズの誕生以来、編成面においては高田繁ゼネラルマネージャー(GM)主導で行われてきた。その高田GMが今季限りで退任。来季はGM制を廃止して、三原一晃球団代表を中心にこれまでの役割を引き継いでいく。三原球団代表に、これからの決意と来季に向けた戦力補強についてお話を伺った。

2018/12/04

text By

タグ: , , , , , , ,



レジェンドに寄せる期待

 そんな三原代表とともに戦い、新たな相談相手となるのが、今オフに就任した田代富雄チーフ打撃コーチ、三浦大輔投手コーチ、鶴岡一成バッテリーコーチである。
 
「田代コーチに関しては経験の豊富な方ですし、一軍コーチということで調子を落とした選手の手助けをしてくれるのではないかと期待をしています。三浦コーチは球団にとってシンボリックな存在でもありますし、若い選手の兄貴分というか父性をもって接してきた人間なので、今季苦労した先発陣を立て直してくれると考えています。鶴岡コーチも含めチームに愛情のある3人のOBが戻ってくるということで、選手たちにいい影響を与えてくれると信じています」
 
 重責を担う三原代表にチームを管轄する現在の心境を尋ねると「今はプレッシャーしか感じてないですよ」と、正直に答えてくれた。ただ、昨季見た日本シリーズでの横浜スタジアムの光景を思い出すと、最後の最後まで野球をやっていたいという想いが強まり、強烈なモチベーションになるのだという。ハマスタに集ったファンと選手たちが一緒になって躍動する姿を見るのは、この仕事冥利に尽きるといって憚らない。
 
 じつは三原代表は、かつてホエールズ、ベイスターズのファンだったという。
 
「出身は東京なのですが、父親に反発するように大洋ファンになったんですよ(笑)。正直、30年ぐらいファンをやっていました」
 
 ベイスターズに異動になってからはビジネスである以上、私情を挟むわけにはいかない。ただ、このチームを長い間見てきたのは確かだ。
 
「今季に関しては、いろいろなことがあり活躍できなかった選手もいましたが、現有戦力でも十分戦えると思っているので、この歩みを止めることなく進んで行ければと思っています」
 
 来季はラミレス監督体制4年目。3年ぶりにBクラスに甘んじ、捲土重来を期す大事なシーズン。高田GMがいない今、三原代表を旗振り役にチームと球団が一丸となり、より高みを目指す――。

1 2


  • 記者募集