データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



一発に飢えたファンのために……フルスイングで心をつかんだフランシスコ

5月2日のタイガース戦で、ジャイアンツが緊急補強したフランシスコが1軍デビュー。この試合で、いきなり来日初安打初打点を記録し、勝利の立役者となった。ファンは、フランシスコに何を期待するのか?

2015/05/03

text By

タグ: , , , ,



新助っ人は救世主になれるのか?

両チーム無得点で迎えた7回裏、大田が2塁打で出塁すると打席には5番フランシスコが入った。
背番号21は藤浪の内角高めのカットボールを強振、打球はゴメスのグラブを弾く一塁強襲の内野安打。
2塁から一気に大田が生還し、フランシスコは来日初安打初打点を記録した。
この試合、巨人は助っ人陣が勝利の立役者に。
お立ち台には今季3勝すべてを阪神から挙げている先発ポレダと決勝打のフラ砲が揃い踏み。
8回表にポレダの後を継いだ2番手マシソンもピンチを凌ぐ好リリーフを見せた。
フランシスコは3打数1安打1打点と上々のデビュー戦。
もちろん、左の大砲として今後も戦力になるかは未知数。
2軍戦では左腕からの本塁打も放っているが、アメリカ時代は三振率の高いフリースインガーとして知られるだけに、3日先発予定の阪神・能見にどう対応していくのか注目されるところだ。

現在、左太もも裏肉離れでリハビリ中の阿部慎之助は、連休明けの1軍合流を目指し2軍で捕手として調整中。
しばらく一塁のポジションは若手の中井、レフト併用のアンダーソン、そしてフランシスコが争う形になる。
果たして、新助っ人は貧打の救世主になれるのか?
祝日の伝統の一戦。
4番大田と5番フランシスコに注がれる声援と拍手は、今季最大級のものだった。
多くの巨人ファンは飢えているのだ。
グラウンドの時間を止める豪快な一発に。
王貞治の言うところの「4打席3三振でも、1発のホームランを打てる選手を見たい」のである。
今の巨人にはなんでもある。だが、ホームランだけがない。
多くの選手がいるのに、なぜ緊急補強をしたのか?
それは30発を期待できる左打者は他に誰もいないからだ。

時間よ止まれ。
フランシスコよ、明日も迷わずフルスイングをかませ。

See you baseball channel……

ベースボールチャンネルのフェイスブックはこちら→
ベースボールチャンネルのツイッターはこちら→

1 2