データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍J、2戦連続逆転勝利でシリーズ4勝! 甲斐が決勝打&キャノン砲発動でゲームセット

2018/11/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



<2018日米野球・第5戦>
侍ジャパン 6―5 MLBオールスターチーム(14日・ナゴヤドーム)
 
「2018日米野球」第5戦が14日、ナゴヤドームで行われ、日本代表「侍ジャパン」が甲斐拓也捕手の攻守にわたる活躍で第4戦に続いて逆転勝利。シリーズ4勝1敗として勝ち越しを決めた。
 
 第4戦では9回に2点差をひっくり返し逆転勝ちを収めた侍ジャパン。この第5戦に勝利すればシリーズ勝ち越しが決まるが、先発の東浜巨投手が2回にリース・ホスキンス外野手に左中間へ2ラン本塁打を浴び先制を許す。
 
 しかし、直後の攻撃で先頭の5番・岡本和真内野手がMLBオールスター先発のジュニア・ゲラ投手からバックスクリーンへ今シリーズ自身初本塁打となるソロを放ち1-2と1点差とした。
 
 追撃ムードに乗りたいところだったが、東浜が3回にフアン・ソト外野手にタイムリーを浴びると、続く4回には2番手の濱口遥大投手がヤディアー・モリーナ捕手にタイムリー二塁打を許して1-4とリードを広げられる苦しい展開となる。
 
 一方のMLBオールスターは、先発のゲラが岡本に一発を浴びてからは3イニング連続無失点で5回1失点と好投。流れに乗った打線も、3点リードの6回に侍ジャパン3番手の岡田明丈投手からカルロス・サンタナ内野手が左前へタイムリー安打を放って5-1とした。
 
 侍ジャパンは4点を追う7回、ついにMLBを捉える。MLBオールスターの2番手ヘクター・ベラスケス投手に対して甲斐のタイムリー安打などで2点を返すと、なおも1死一、三塁で代打の山川穂高内野手が左中間を破る2点タイムリー二塁打を放って5-5の同点に追い付いた。
 
 勢いに乗る打線は、続く8回に再び甲斐がレフトへタイムリー二塁打を放って勝ち越しに成功。9回の守りでは6番手の松井裕樹投手が登板し、最後は1死一塁からミッチ・ハニガー外野手を遊ゴロに打ち取り、併殺を狙い一塁へ送球したセカンドの山田哲人内野手が暴投したものの、カバーに入った甲斐がハニガーの向かった二塁へ“キャノン砲”を発動。ストライク送球でタッチアウトとして試合終了となった。
 
 6-5で接戦を制した侍ジャパンは、これでシリーズ4勝1敗として勝ち越しを決めた。