データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍ジャパン先発の東浜、先制2ラン浴びるなど3回3失点で悔しさ「リズムが…」

2018/11/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



<2018日米野球・第5戦>
侍ジャパン ― MLBオールスターチーム(14日・ナゴヤドーム)
 
「2018日米野球」第5戦が14日、ナゴヤドームで行われ、日本代表「侍ジャパン」の先発を任された東浜巨投手が3回を投げ3失点を喫した。
 
 シリーズ初登板となった東浜は、初回は先頭のアーメッド・ロザリオ内野手に右前安打を浴びたが無失点。しかし、2回にも先頭のフアン・ソト外野手に左前安打を許して走者を背負うと、続く指名打者のリース・ホスキンス外野手にカットボールを捉えられ、これが左中間への先制2ラン本塁打となった。
 
 その後、侍ジャパンは岡本和真内野手のソロ本塁打で1点を返したが、東浜が3回に1死二塁からソトに中前へタイムリー安打を浴びて1-3とリードを広げられた。東浜は、4回のマウンドには登らず3回50球(ストライク29球)を投げて被安打6、与四球1、奪三振2、失点3の成績に終わった。
 
 ほろ苦いマウンドとなった東浜は降板後「先発で球数制限がある中、リズムがあまり良くなく、イニングを投げ切れなかったのは悔しく思います」とコメント。試合は、その後2番手の濱口遥大投手、3番手の岡田明丈投手がともに1失点。侍ジャパンは6回までに1-5とリードを許している。