データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍Jの若き大砲・岡本、第1号はバックスクリーン弾! 先制許した直後に追撃ソロ

2018/11/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



<2018日米野球・第5戦>
侍ジャパン ― MLBオールスターチーム(14日・ナゴヤドーム)
 
「2018日米野球」第5戦が14日、ナゴヤドームで行われ、日本代表「侍ジャパン」の岡本和真内野手が自身シリーズ初本塁打となるソロ本塁打を放った。
 
 侍ジャパンは2回、先発の東浜巨投手が6番のリース・ホスキンス外野手に左中間へ2ラン本塁打を浴び先制を許す。しかし、直後の攻撃で先頭の5番・岡本がMLBオールスター先発のジュニア・ゲラ投手に対して、カウント1-0からの速球を完璧に捉えると、打球はセンターバックスクリーンへのソロ本塁打となった。岡本の本塁打はこの日米野球では初めて。チームとしては5戦目にして4本目の本塁打となった。