データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍ジャパン・大瀬良、MLB相手に5回2安打 広島“新”エースの意地見せた「しっかり試合をつくれた」

2018/11/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



<2018日米野球・第4戦>
侍ジャパン ― MLBオールスターチーム(13日・マツダスタジアム)
 
 「2018日米野球」第4戦が13日、マツダスタジアムで行われ、日本代表「侍ジャパン」の先発・大瀬良大地投手が5回2安打1失点と好投した。
 
 MLBオールスターが前田健太投手が先発し、広島東洋カープの“新旧エース対決”となった第4戦。前田が初回を三者凡退に抑えると、その裏、大瀬良は先頭のアーメッド・ロザリオ内野手に四球を与えるも、後続を無安打に抑えた。
 
 しかし、2回2死走者なしで指名打者のリース・ホスキンス外野手に右翼へのソロ本塁打を浴び、先制点を献上した。
 
 だが、本塁打以降は崩れることなく、安定した投球を続けた大瀬良。5回には第1打席で一発を浴びたホスキンスを右飛に打ち取り、前の打席のリベンジを果たした。バッテリーを組んだチームメイトの會澤翼捕手のリードで、内角の球を有効に使い、メジャーの強打者を5回まで2安打に抑えた。
 
 大瀬良は5回73球を投げ、2安打、1四球、3奪三振、1失点。日米野球初開催となったホームグラウンドで、カープ現エースの意地を見せた。大瀬良は降板後、「高さやコースはある程度、間違えず投げられた。ホスキンスのホームランは失投だったが、曾澤さんと話してしっかりと組み立てられて試合をつくれたと思う」とコメントした。