データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】MLBオールスター、モリーナの大活躍で初勝利! 侍Jは9回猛追も及ばず

2018/11/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



<2018日米野球・第3戦>
MLBオールスターチーム 7-3 侍ジャパン(11日・東京ドーム)
 
「2018日米野球」第3戦は11日、東京ドームで行われ、MLBオールスターが7-3で日本代表「侍ジャパン」に勝利し、対戦成績を1勝2敗とした。
 
 初戦から2連勝中の侍ジャパンは、先発マウンドを託された多和田真三郎投手が3回まで無失点。しかし、MLBオールスターが4回に1番のJ.T.リアルミュート捕手にソロ本塁打を放ち先制に成功する。しかし、直後に侍ジャパンも外崎修汰内野手の左中間へのタイムリー二塁打で同点に追い付き、試合を振り出しに戻した。
 
 それでも、この日のMLBオールスターはここから打線が繋がる。序盤の好投から一転、ピリッとしない多和田に対して5回に1点を勝ち越すと、なおも1死二、三塁のチャンスで2番のヤディアー・モリーナ捕手がライトスタンドに飛び込む3ラン本塁打を放ち一挙4得点。5-1とリードを広げた。
 
 6回はお互い無得点となったが、MLBオールスターは7回に侍ジャパン3番手で登板した成田翔投手に対してエウヘニオ・スアレス内野手、ミッチ・ハニガー外野手がタイムリー安打を放って2点を追加。
 
 そのまま試合は9回へ進み、最後は4番手のジョン・ブレビア投手が2死から代打・山川穂高内野手、菊池涼介内野手にタイムリー二塁打を浴び2失点を喫したが、後続を抑えて試合終了。MLBオールスターが7-3で今シリーズ3戦目にして初勝利を収めた。