データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍J、先制されるも直後に外崎が同点打! 好機続くもモリーナが驚愕けん制

2018/11/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



<2018日米野球・第3戦>
侍ジャパン ― MLBオールスターチーム(11日・東京ドーム)
 
 2連勝中の日本代表「侍ジャパン」は、先発の多和田真三郎投手が2回を無失点。初回に2番ヤディアー・モリーナ捕手に中前安打を許したが、2回は4番ロナルド・アクーニャJr.外野手、5番フアン・ソト外野手の20歳の新人王候補コンビを打ち取るなど3者凡退と上々の立ち上がりを見せた。
 
 一方の打線は、初回に1死一、二塁のチャンスを作ったが、4番・柳田悠岐外野手が放ったレフト線へ切れていく打球を、快足を飛ばしたソトが腕を伸ばしながら好捕。先制点とはならなかった。
 
 多和田は3回も内野ゴロを3つ打たせて3者凡退。速球、カーブなど緩急を使った投球で強打者が揃うMLBオールスター打線を次々に抑えていく。直後の攻撃では、先頭の9番・菊池涼介内野手から先制点を狙ったが、こちらもMLBオールスター先発のスコット・バーロー投手の前に3者凡退に抑えられて無得点。試合は早いテンポで序盤3回までを終えた。
 
 この緊迫した雰囲気を先に動かしたのは、MLBオールスター。4回、1番・指名打者のJ.T.リアルミュート捕手がフルカウントから7球目の速球を捉え、打球はライトスタンドに飛び込む先制ソロ本塁打となった。リアルミュートはこれで2試合連発。
 
 続くモリーナはバットを折られながらショートへの内野安打で出塁。その後1死からアクーニャJr.外野手も左前安打で続き一、二塁として、ここでソトが天井直撃の大飛球を放つも右飛。規定によりリプレー検証はされなかった。6番のエウヘニオ・スアレス内野手は遊ゴロに倒れ3アウト。追加点とはならなかったが、1-0とMLBオールスターが先にリードした。
 
 しかし、侍ジャパンは直後の攻撃で、1死から柳田が右前安打で出塁すると、2死から外崎修汰内野手が左中間へタイムリー二塁打を放って1-1の同点に追い付いた。さらに上林誠知外野手が四球で出塁するも、続く岡本和真内野手の打席でモリーナが一塁へ矢のようなけん制を投げ、上林をアウトにした。