データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】MLBオールスター連敗、指揮官は侍ジャパン・柳田に脱帽も反撃に意欲「穴あるはず」

2018/11/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



2安打のピラー「勝負強いピッチャーばかり」

<2018日米野球・第2戦>
侍ジャパン 12―6 MLBオールスターチーム(10日・東京ドーム)
 
「2018日米野球」第2戦が10日、東京ドームで行われ、日本代表「侍ジャパン」が12-6で勝利。前夜の劇的な勝利の勢いそのままに打線が爆発し、シリーズ2連勝とした。
 
 侍ジャパンは、第1戦で逆転サヨナラ本塁打を放った4番・柳田悠岐外野手がこの日も打線を引っ張り、先制タイムリー、そして3回には2試合連発となる2ラン本塁打を放つなど4安打4打点と大活躍。波に乗ったチームは、計17安打12得点をマークし12-6で快勝。このシリーズ2連勝とした。
 
 一方、連敗を喫したMLBオールスターは、先発のエラスモ・ラミレス投手が3回5失点と乱調。2番手のブライアン・ジョンソン投手も3回2/3を投げ7失点と精彩を欠いた。打線も序盤は侍ジャパンの先発・上沢直之投手の前に5回まで1点のみ。終盤の7回、8回で計5点を挙げ反撃しが及ばなかった。
 
 試合後、MLBオールスターのドン・マッティングリー監督は「今日は序盤で決まってしまった。早くに点を取られ、こちらは1回から3回まで全く得点のチャンスを作ることができず勢いを失ってしまった」とコメント。また、柳田の活躍について問われると「素晴らしい選手だと思う。非常に良いスイングをする選手であり、センターに向かって打ち返そうというところが優れている」と話し、「全打者どこかしらに穴があるはずと思っているので、そういったところを上手く見つけて弱点を突くような攻め方をしなくてはいけない」と第3戦以降の攻略に意欲を見せた。
 
 そして、この日2安打を放ったケビン・ピラー外野手は、日本の投手について「非常に勝負強いピッチャーばかりだと思う。向かってくるピッチャーばかりで、決してパターンにはまることがない」と脱帽。続けて「様々な球種を自信を持って投げてくるところが、米国で私たちが慣れているピッチャーとは違うなという印象」と語った。
 
 第3戦はきょう11日に同じ東京ドームで行われるが、今シリーズ東京では最後の一戦となる。連日大勢のファンが詰めかける中で、侍ジャパン相手にMLBの意地を見せることができるか注目される。
 
 
取材・氏原英明 文・ベースボールチャンネル編集部