データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】柳田、左中間へ2戦連発の豪快2ラン! 侍ジャパンは一挙4得点で大きくリード

2018/11/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



<2018日米野球・第2戦>
侍ジャパン ― MLBオールスターチーム(10日・東京ドーム)
 
 侍ジャパンは初回、2死二塁から4番・柳田悠岐外野手の左前へのタイムリー安打で1点を先制。そして、3回にはMLBオールスター先発のエラスモ・ラミレス投手から先頭の田中和基外野手が四球で出塁すると、続く1番の秋山翔吾外野手が右中間を破るタイムリー三塁打を放って2点目を挙げた。
 
 さらに、2番の源田壮亮内野手は一塁への内野安打で秋山が生還し3点目。そして、1死二塁から柳田が左中間へ2試合連続となる2ラン本塁打を放って5-0とリードを大きく広げた。