データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】第2戦のスタメンが発表! 侍1、2番は秋山と源田の西武コンビ、MLBは下位打線にドジャース勢

2018/11/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



「2018日米野球」第2戦が10日、東京ドームで行われる。試合に先立ちスターティングメンバ―が発表された。
 
 MLBオールスターはシアトル・マリナーズのエラスモ・ラミレス投手、日本代表「侍ジャパン」は北海道日本ハムファイターズの上沢直之投手が先発登板する。
 
 前日の第1戦で柳田悠岐外野手の劇的な逆転サヨナラ本塁打で制した侍ジャパンは、1番で秋山翔吾外野手、2番で源田壮亮内野手と西武コンビが先発出場。捕手には會澤翼が座り、指名打者となる柳田に代わって、上林誠知外野手は「6番・ライト」を務める。
 
 対するMLBオールスターは、アーメッド・ロザリオ内野手が切り込み隊長に。ヤディア―・モリーナ捕手をはじめ、2番~5番までは前日と変わらず。7番、9番にはそれぞれエンリケ・ヘルナンデス内野手、クリス・テイラー内野手とロサンゼルス・ドジャースのコンビが先発出場となった。
 
 
 両チームのスターティングメンバ―は次の通り。
 
<侍ジャパン>
1番(中)秋山翔吾
2番(遊)源田壮亮
3番(二)山田哲人
4番(指)柳田悠岐
5番(一)山川穂高
6番(右)上林誠知
7番(三)岡本和真
8番(捕)會澤翼
9番(左)田中和基
(投)上沢直之
 
 
<MLBオールスター>
1番(遊)アーメッド・ロザリオ
2番(指)ヤディアー・モリーナ
3番(一)カルロス・サンタナ
4番(右)ミッチ・ハニガー
5番(左)フアン・ソト
6番(捕)J.T.リアルミュート
7番(三)エンリケ・ヘルナンデス
8番(中)ケビン・ピラー
9番(二)クリス・テイラー
(投)エラスモ・ラミレス