データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍ジャパン、柳田が劇的サヨナラ弾 MLBオールスターとの接戦制す

2018/11/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



<2018日米野球・第1戦>
侍ジャパン 7―6 MLBオールスターチーム(9日・東京ドーム)
 
 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームによる「2018日米野球」が9日、東京ドームで開幕。点を取っては取られての接戦となったが、最後は侍ジャパンの柳田悠岐外野手に劇的サヨナラ弾が飛び出し、7-6で第1戦を制した。
 
 侍ジャパンは先発・岸孝之投手が2回無安打に抑えたが、3回にアーメッド・ロザリオ内野手に先制のソロ本塁打を許した。直後の裏、1死二、三塁から甲斐拓也捕手と田中広輔内野手の連打でチャンスをつくると、菊池涼介内野手の間に同点に追いついた。
 
 MLBオールスターは5回表1死一、二塁でカルロス・サンタナ内野手が2番手・成田翔投手から左翼への3ラン本塁打を放って勝ち越し。だが、侍ジャパンは1死満塁から秋山翔吾外野手に走者一掃の同点適時二塁打が飛び出し、再び同点に追いついた。
 
 互いに譲らない展開が続いたが、6回表無死一塁で打席に立ったフアン・ソト外野手の2ラン本塁打でまたもリードを奪った。
 
 7回以降は両者無得点。侍ジャパンはプロ1年目のアンダースロー高橋礼投手が2回無失点の力投。9回表は守護神・山崎康晃投手が無失点に抑え、味方の反撃を待った。
 
 その裏、MLBオールスターはカービー・イェーツ投手がマウンドに上がった。侍ジャパンは1死から代打・上林誠知外野手が中前打で出塁し、二盗でチャンスメーク。2死から代打で送られた曾澤翼捕手が中前への適時打を放って1点差に迫った。そして、次の柳田悠岐外野手が2球目をバックスクリーン直撃の逆転2ラン本塁打とし、サヨナラ勝利を決めた。