データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



巨人・原監督が得た収穫 “のびのび野球”体現で若手が躍動「胸を突き合わせた勝負できた」

2018/11/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 MLBオールスターチームと読売ジャイアンツとの「2018日米野球エキシビションゲーム」が8日、東京ドームで行われた。巨人は6-9で敗れたが若手が躍動。原辰徳監督が掲げる“のびのび野球”を体現し、来季へ大きな収穫を得た一戦となった。
 
 期待の若手たちがMLBオールスター相手にも臆さなかった。高卒2年目の先発・髙田萌生投手は3回7失点も、内角を攻める投球で5奪三振。同学年の大江竜聖投手は2番手でマウンドに上がり、2回を1点に抑えた。
 
 そして、この日最も持ち味を発揮したのは、途中出場の育成出身・松原聖弥外野手だ。快速を生かしてランニング3点本塁打を放ち、さらに内野安打から盗塁も決めた。
 
 3度目の就任となる原監督。「ユニホームを着た時点から過去の数年、多少のキャリア、これは自分の中では捨てている。新鮮な形でキャンプも行い、東京ドームで監督として采配も振るったつもり。非常に緊張感もありましたし、選手とベンチが一体となって戦っているなと感じました」と初陣を振り返った。
 
 さらに「野球の発祥であるメジャーリーグ、われわれの目標であるところのメジャーリーグ。しっかりと胸を突き合わせた勝負をしたいと思っている。そういう戦いはできたと思う」と充実の表情。「MLBチームよりヒット多かった。これは攻撃陣は自信になったんではないかな」と収穫を口にした。
 
 そんな指揮官が掲げるキーワードは“のびのび野球”だ。「持ってる能力、自分に自信を持ってプレーしてほしい」と語る。そして「チームの中で一番実行してるのは松原選手」とし、自らの指導方針が根付き始めていることをうかがわせた。
 
 世界の一流選手たちと対戦する機会を得た若手たちに「自分たちも同じ土俵で戦っているんだということをあらためて、そして我々にもできるんだと思ってくれたら、非常にチーム力というのも上がっていくと思います」と期待を込めた。
 
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部