データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



セ王者・広島、2年ぶり挑戦も日本一の夢散る 松山「本当に難しい」誠也「力は出した」

2018/11/04

text By

タグ: , , , , , , , , ,



来季へ課題「もうちょっと確実性を求めたい」

「SMBC日本シリーズ2018」第6戦が3日、マツダスタジアムで行われ、福岡ソフトバンクホークスが広島東洋カープに2-0で勝利。シリーズ4勝1敗1分けとして2年連続9度目の日本一に輝いた。34年ぶりの日本一を狙った広島は、2年ぶりの日本シリーズも雪辱はならなかった。
 
 広島は、1勝1分けで迎えた敵地での第3戦から4連敗を喫し、34年ぶりの日本一はならなかった。第6戦では、先発リック・バンデンハーク投手をはじめソフトバンク投手陣に打線が沈黙。3回以降は二塁を踏めず、4安打完封負けとなった。
 
 試合後、この試合で2打数無安打だった広島の松山竜平外野手は、試合後「本当に難しいと改めて思った。やっぱり短期決戦の怖さっていうのが一番。自分らしい野球をさせてもらえなかった」とコメント。シリーズを通じて3割以上をマークしながら敗退した悔しさを素直に口にした。
 
 また、鈴木誠也外野手は「(バンデンハークは)球が速すぎて軽打しかできなかった」と話す一方で、「悔しさというよりかは、しっかり良い試合はできたので。もう完敗だったので、自分の力を出して負けたなら仕方ない」と力を出し尽くしての敗退に達成感あるコメント。そして最後には、「まだ荒々しいところがある。もうちょっと確実性を求めたい」とシーズン中の課題を挙げながら来季への意気込みを語った。
 
 2年ぶりに挑戦した日本シリーズだったが、日本一の夢はまた来季以降への目標に切り替わった。セントラル・リーグ覇者としてのシーズンが、またこの瞬間から始まろうとしている。
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部