データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



またもソフトB甲斐キャノン炸裂! 5連続盗塁阻止は日本S史上初、流れ作り4回に先制

2018/11/03

text By

タグ: , , , , , , , ,



2回にも!6連続盗塁阻止を達成

「SMBC日本シリーズ2018」の第6戦が3日、マツダスタジアムで行われ、福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也捕手が初回に盗塁を刺して日本シリーズ史上初の5連続盗塁阻止を記録。流れを作って、4回にスクイズで先制した。
 
 ソフトバンクの3勝1敗1分けで迎えた第6戦は、戦いの舞台を再び広島に移し行われた。
 
 日本シリーズ連覇を狙うソフトバンクは初回、先発のリック・バンデンハーク投手が先頭の田中広輔内野手に左前安打を許したが、2死から盗塁を狙った田中を、甲斐拓也捕手が刺して3アウト。これで甲斐はシリーズ史上初となる5連続盗塁阻止を記録した。一方の広島は今シリーズ7度試みた盗塁全て失敗。
 
 ソフトバンクは続く2回、安打と四球で2死一、三塁と先制のピンチを迎えたが、一塁走者の安部友裕内野手が仕掛けた盗塁を再び甲斐が矢のような送球を放り、二塁タッチアウト。2イニング続けて甲斐の好プレーがチームを救った。
 
 流れを作ったソフトバンクは0-0で迎えた4回、広島先発のクリス・ジョンソン投手から1死二、三塁のチャンスを作ると、西田哲朗内野手がスクイズを決めて1点の先制に成功した。