データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトB、圧巻完封勝利で2年連続日本一! パ2位から下剋上、セ王者・広島に4勝1敗1分

2018/11/03

text By

タグ: , , , , , , , , ,



先発バンデンハークが6回無失点、甲斐キャノンも炸裂!

「SMBC日本シリーズ2018」の第6戦が3日、マツダスタジアムで行われ、福岡ソフトバンクホークスが2-0で広島東洋カープに勝利し、シリーズ成績4勝1敗1分けとして2年連続9度目の日本一に輝いた。
 
 ソフトバンクの3勝1敗1分けで迎えた第6戦は、戦いの舞台を再び広島に移して行われた。シリーズ制覇へ王手をかけているソフトバンクは、初回の守りで2死一塁から甲斐拓也捕手が一塁走者の田中広輔内野手の盗塁を阻止。これで日本シリーズ史上初となる5連続盗塁阻止の快挙を達成した。甲斐は続く2回にも安部友裕内野手の盗塁を刺し、試合の流れを引き寄せる。
 
 甲斐の立て続けの好プレーで流れを掴んだソフトバンクは4回、広島先発のクリス・ジョンソン投手に対して1死二、三塁のチャンスを作ると、ここで7番の西田哲朗内野手がスクイズバントを決め先制に成功。そして、5回には3番のグラシアル内野手の自身シリーズ初本塁打となるソロ本塁打が飛び出し、2-0と試合の主導権を握った。
 
 投げては、先発のリック・バンデンハーク投手が3度の3者凡退を含む6回無失点。3回以降は二塁を踏ませない好投を見せた。バンデンハークの後を受けたリリーフ陣は、2番手の武田翔太投手、3番手の嘉弥真新也投手がともに無失点。9回はクローザーの森唯斗投手が無失点に抑え試合終了。パシフィック・リーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)を勝ち抜いて日本シリーズに臨んだソフトバンクが、シリーズ4勝1敗1分けで2年連続9度目の日本一に輝いた。
 
 一方の広島は、序盤の盗塁失敗でリズムを掴み損ねると、その後もバンデンハークを捉えることができず。2点を追う8回には、今季限りでの引退を発表している新井貴浩内野手が代打で出場したが遊ゴロに倒れ反撃はならなかった。