データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンク・柳田、バット折りながらサヨナラ弾「歓声がボールを運んでくれた」

2018/11/02

text By

タグ: , , , , , , ,



 福岡ソフトバンクホークスは1日、「SMBC日本シリーズ2018」第5戦で広島東洋カープを延長戦の末、5-4で破って日本一に王手をかけた。今シリーズ2度目の延長戦となったこの試合、4番・柳田悠岐外野手の一振りで決着した。
 
 勝てば日本一に王手がかかる第5戦。ソフトバンクは2回に先制を許し、序盤から苦戦を強いられた。一方がリードすれば、すぐに追いつかれるという緊迫した展開。1点ビハインドの7回に明石健志内野手のソロ本塁打で同点に追いつき、試合は延長戦にもつれ込んだ。
 
 延長10回裏、先頭はこの日無安打の柳田。対するは、9回に続きマウンドに上がった守護神・中崎翔太投手。柳田は2球目のスライダーを捉えた。バットを折りながらの打球は、右翼スタンドに飛び込むサヨナラの決勝弾となった。
 
 柳田は「歓声がボールを運んでくれました」と振り返る。「打った瞬間、折れたと思ったら意外に飛んでた」と会心の当たりではなかったようだが、「いい仕事ができて良かった」と殊勲の一打に笑みを浮かべた。
 
 気の抜けない5戦が続いた日本シリーズ。3日の第6戦は再び敵地・広島での戦いとなる。連日の疲労を吹き飛ばす一発を放った主砲は「あと1個勝つまで相当しんどいと思いますけど、いい選手ばっかなんで。みんなで束になれば、ひとつ勝つことができるかなと思います」と日本一に向けて勝利を誓った。
 
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部