データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



広島・大瀬良、中4日で日本S第5戦に先発 敵地でも「“よそ行き”のピッチングするつもりない」

2018/11/01

text By

タグ: , , , , , , ,



 福岡ソフトバンクホークスと広島東洋カープによる「SMBC日本シリーズ2018」第5戦は1日、ヤフオクドームで行われる。広島先発は第1戦に登板した大瀬良大地投手。地元九州・長崎出身右腕が中4日で敵地でのマウンドに上がる。
 
 引き分けで終わった第1戦、大瀬良は5回2失点(自責点1)と大舞台で結果を残した。第5戦までは身体の回復を重点的に意識したといい、中4日での登板について「そういう風に任せてもらえるのは粋に感じるし、チームを勝ちに導いていけるピッチングをしたい」と期待に応える気概を示した。
 
 敵地でのマウンドは意識しないと言うが、舞台をヤフオクドームに移した2試合は両9本塁打が出ていることもあり、球場の狭さは実感しているという。「変に“よそ行き”のピッチングをするつもりはない。できる範囲で工夫をしながら、自分のピッチングができれば良い」とあくまでも自身の投球を貫く構えだ。
 
 福岡で連敗を喫した広島。今夜、負ければ後がなくなる一戦に臨む。大瀬良は「期待を込めて足を運んでくれたファンのためにも頑張っていけたら」と意気込んだ。
 
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部