データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトB、日本S初もの尽くしで連勝! 初白星の東浜「ソロはOK」初HRの上林「楽勝でいくと」

2018/10/31

text By

タグ: , , , , , , , , ,



「SMBC日本シリーズ2018」第4戦は31日、ヤフオクドームで行われ、福岡ソフトバンクホークスが4-1で広島東洋カープを下し、シリーズ対戦成績を2勝1敗1分けとして今シリーズ初めて白星を先行させた。
 
 ソフトバンクが、広島を投打で圧倒して本拠地で連勝。日本シリーズでの本拠地連勝を「11」に伸ばした。
 
 まず先発の東浜巨投手が5回1失点と試合を作ると、3回に1番の上林誠知外野手が、広島先発の野村祐輔投手から特大の2ラン本塁打を放ち先制。1点を返された直後の4回にはアルフレド・デスパイネ外野手のソロ本塁打、そして6回にも1点を加え試合を優位に運んだ。
 
 前日に猛追を食らったリリーフ陣も、この日は登板した4投手が無安打無失点リレーを見せ4-1の快勝。2勝1敗1分けと今シリーズで初めて白星を先行させた。
 
 試合後、自身日本シリーズ初勝利を挙げた東浜はインタビューで「(シリーズ)成績が1勝1敗で、ここでしっかり勝ち越してシリーズを戦いたいなという思いでマウンドに登った」とコメント。初回には、1死一塁から丸佳浩外野手に二塁打を浴びたが、中継プレーでホームアウトにし先制を許さず「あのプレーが全て。初回不安な中で投げてる時に助けてもらったので今日“も”野手の皆さんに感謝したい」と仲間のビッグプレーを称えた。
 
 自身の投球については「カープ打線は上位も下位も良いバッターが揃っている。ソロ本塁打ならOKだという気持ちで割り切って、低めにコントロールすれば何とか試合を作れると思っていた。それが最低限できた」と納得の表情。鈴木誠也外野手にソロ本塁打を浴びたが、「打たれたのは悔しかったが、何とか勝った状態で試合を進めることができたので、そこは割り切って投げることができた」と試合を作れた要因を語った。
 
 そして、こちらも自身日本シリーズ初本塁打を放った上林は、先制2ランを振り返り「最低限一、三塁にできることを目標に打席に立ったが、それが最高の結果になった」と自画自賛。打ったのはやや低めのスライダーだったが「(低めを打つのが)長所でもあるので、確実に捉えていきたい。(打った瞬間は)楽勝でいくと思った」。最後には「安打は少ないが、状態は悪くない」と明日以降の奮起を誓った。
 
 6年目28歳の東浜と5年目23歳の上林がともにキャリア初、そして勝利に繋がるプレーを見せた。本拠地の大声援にも支えられ、あす第5戦での日本シリーズ連覇王手へ向けて鷹の上昇気流は止まらない。