データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



広島・丸、日本S待望の初安打「1本出て気が楽に」 1勝1分で30日から敵地3連戦

2018/10/29

text By

タグ: , , , , , ,



 
 広島東洋カープが28日、福岡ソフトバンクホークスとの「SMBC日本シリーズ2018」第2戦に5-1で勝利。「3番・中堅」で先発出場した丸佳浩外野手が5回に待望のシリーズ初安打を放った。
 
 第1戦は4打数無安打だった丸。この日の第1打席は空振り三振に倒れ、第2打席は3回裏の無死二、三塁の好機で迎えた。相手先発リック・バンデンハーク投手の直球を左翼ファールゾーンへ打ち上げると、これが犠飛となり今シリーズ初打点を記録した。
 
 そして5回裏、1死一塁の第3打席。「反応でうまいこと打てた」と弾き返した148キロの直球は右翼線への二塁打となった。今シリーズ8打席目でようやく初安打が生まれた。続く鈴木誠也外野手が2点適時打を放ち、勝利に大きく貢献する一打となった。
 
 「1本出て気持ちは楽になった」と言う丸。「今の打順を任されている以上、打てなかったらチームの得点力に直接絡んでくる」と自らの責任を口にし、初打点、初安打に安どした様子。シリーズの対戦成績を1勝1分とし、「いい形で試合運べた」と振り返る。
 
 30日からは敵地ヤフオクドームでの3連戦。「先攻なので、どんどん先に点を取って自分たちのペースでやっていければ」と意気込む。34年ぶりの日本一へ、頼れる主軸が勢いづいてきた。
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部