データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本球界に前例のない根尾昂。“逸材”を獲得した中日の使命、指揮官が語る育成

2018年のプロ野球ドラフト会議で最大の注目を集めた大阪桐蔭・根尾昂内野手。4球団競合の末、交渉権を獲得したのは中日ドラゴンズだ。内外野守備、投手、優れた打撃力と多彩な才能を持つ逸材をいかに育てるのか。

2018/10/26

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , ,



根尾獲得は球団の総意、評価二分も地元重視の指名

 球団のポリシーを貫き、4球団競合の争いを勝ち取った。中日ドラゴンズが今年の実力、注目度ともにナンバーワンの大阪桐蔭・根尾昂の交渉権獲得に成功した。
 
 「ドラゴンズの関係者すべての方と言っていいほど、根尾くん(を獲得したい)に意識がありました。その思いをうまく繋げられたのが一番良かったかなと思います」
 
 くじを引き当てた与田剛監督は安堵の表情を浮かべた。中日には東海地区に根を張る球団としての譲れないポリシーがある。それは地元出身の選手を重視して指名をするということだ。
 
 関西地区担当の米村明スカウトがこう明かす。
 
 「たくさんのドラフト候補がいてどの選手を指名していくかは実力で決まる。でも、ある数名の選手を比較して、能力が双璧であるなら地元出身者を優先する。うちは昔から地元の選手を獲っていて、それに支えられてきたところがある。地元の選手が活躍するようになって、強い時代が生まれたという事実があるから」
 
 何としても根尾を獲得したいという、球団の思いが結実したのかもしれない。
 
 それにしても、本番前の予想では最大7球団が指名するとまで噂された根尾昂の指名が4球団にとどまったのはちょっと驚きだった。根尾と同じく高校トップクラスの遊撃手として今年夏の甲子園を沸かせた小園海斗(報徳学園)と評価を二分した。
 
 横浜DeNAベイスターズのラミレス監督は「小園と根尾の評価は変わらなかった」と明かし、ドラフト会議前日に小園の指名を公表した福岡ソフトバンクホークスや他球団も同じ思いだったに違いない。
 
 同じ遊撃手で、1・3番が打てるヒットメーカーに分類される根尾と小園だが、細かく分けると2人のタイプはまるで異なる。
 

1 2 3