データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドラフト指名選手、スカウトが注目したポイントは? 球団コメントを一挙公開<セ・リーグ>

プロ野球ドラフト会議が25日、東京都内で開かれた。中日ドラゴンズが4球団競合の末、根尾昂内野手(大阪桐蔭高)との交渉権獲得に成功。広島東洋カープは同じく4球団が1位指名した小園海斗内野手(報徳学園高)との交渉権を獲得するなど、12球団で104選手(育成含む)が指名された。各球団は候補者のどこに注目して指名を決めたのか。担当スカウトと球団のコメントを紹介する。

2018/10/26

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



横浜DeNAベイスターズ

1.上茶谷大河投手(東洋大)
181センチ・83キロ、右投右打
担当スカウト:武井邦生
 抜群の制球力でゲームを作る安定感が持ち味の即戦力右腕。今年の東都大学春季リーグ戦で6勝を挙げ3連覇に貢献。多彩な変化球は精度も良く、低めに決まる先発型だがセットアップもこなせる器用さをもっている。
 
2.伊藤裕季也内野手(立正大)
182センチ・95キロ、右投右打
担当スカウト:武井邦生
 強肩強打の内野手。思い切りのよい打撃で長打が期待できる。引っ張るだけでなく、広角に打てて勝負強い打撃が魅力。主将として、怪我をしても試合に出場する気持ちの強さも持っている。
 
3.大貫 晋一投手(新日鐵住金鹿島)
181センチ・75キロ、右投右打
担当スカウト:河原隆一
 最速148キロの球質の良いストレートに加え、多彩な変化球を操る即戦力右腕。制球力高く、決め球のスプリットは鋭く落ちて勝負球として有効。
 
4.勝又温史投手(日本大学鶴ヶ丘高)
180センチ・80キロ、右投左打
担当スカウト:欠端光則
 身体が強く、躍動感のある投球フォームから150キロのストレートを武器にスライダー、フォークのキレも良く三振の山を築く。将来性抜群の本格派投手。
 
5.益子京右捕手(青藍泰斗高)
176センチ・90キロ、右投右打
担当スカウト:河原隆一
 強肩・強打の捕手。地肩が強く、ボールを捕ってからの速さと送球スピードが素晴らしい。捕手としての雰囲気を持っており、将来レギュラーを狙える逸材。
 
6.知野直人内野手(新潟アルビレックスBC)
181センチ・81キロ、右投右打
担当スカウト:進藤達哉
 走・攻・守、三拍子揃った好選手。積極的にスイングしていくスタイルでパンチ力があり、走塁面でも盗塁できる脚力が魅力。
 
◇育成
1.宮城滝太投手(滋賀学園高)
181センチ・73キロ、右投右打
担当スカウト:八馬幹典
 しなやかな投球フォームからキレの良いボールを投球する。2年時、選抜高等学校野球大会でも好投した好素材の選手。体力強化で身体に力がつけば、大きく成長が期待できる。
 
 

読売ジャイアンツ

1.高橋優貴投手(八戸学院大)
178センチ・82キロ、左投左打
担当スカウト:柏田貴史
 最速152キロを誇る本格派左腕。1年春からリーグ戦に登板し、順調に成長。フォームのバランスも良く、スピードと切れを併せ持つ。先発だが、リリーフもこなせるタイプで、1年目から戦力として期待。
 
2.増田陸内野手(明秀学園日立高)
178センチ・80キロ、右投右打
担当スカウト:吉武真太郎
 身体能力に優れ、走行守すべて高いパフォーマンスを発揮する。パンチの効いた力強いスイングから放つ長打は魅力で、将来性を感じさせる。
 
3.直江大輔投手(松商学園高)
184センチ・77キロ、右投右打
担当スカウト:木佐貫洋
 しなやかな投球フォームから伸びのあるストレートを投げる。相手打者の反応を見ながら投げられるクレバーな投手。
 
4.横川凱投手(大阪桐蔭高)
190センチ・90キロ、左投左打
担当スカウト:渡辺政仁
 体格に恵まれた大型左腕。長身から投げ下ろす角度のあるストレートと、大きく曲がって落差があるカーブは魅力。今後の伸びしろもあり、将来の左の先発として期待。
 
5.松井義弥内野手(折尾愛真高)
191センチ・90キロ、右投左打
担当スカウト:武田康
 恵まれた体格で強肩強打、俊足の大型三塁手。身体能力が高く、高校通算40本塁打と長打力も兼ね備える。まだ荒削りながら、潜在能力は非常に高い。
 
6.戸郷翔征投手(聖心ウルスラ学園高)
186センチ・72キロ、右投右打
担当スカウト:武田康
 最速149キロの右の本格派。今夏のU-18日本代表の壮行試合で宮崎選抜の一員として登板し、日本代表から5イニング9奪三振。決め球のカット、スプリットは切れ味が鋭い。
 
◇育成
1.山下航汰外野手(健大高崎高)
176センチ・80キロ、右投左打
担当スカウト:木佐貫洋
 高校通算75本塁打の強打者。スイングが鋭く、遠くに飛ばすことができる。
 
2.平井快青投手(岐阜第一高)
184センチ・73キロ、右投右打
担当スカウト:青木高広
 ストレートは角度があり、低めも球威が落ちず初速と終速の差が少ない投手。カーブはブレーキが有り、腕も振れる。フォークが一番良く、決め球に使え、空振りが取れるのが一番の強み。体力が付けば化ける可能性十分な投手。
 
3.沼田翔平投手(旭川大高)
175センチ・64キロ、右投右打
担当スカウト:柏田貴史
 バランスの良いフォームで最速146キロを計測するストレートが魅力。体ができれば150キロも狙え、将来のローテーション候補として期待。
 
4.黒田響生内野手(敦賀気比高)
184センチ・75キロ、右投右打
担当スカウト:木佐貫洋
 グラブさばきが柔らかく、安定した送球で守備力が高い大型遊撃手。バットの出がスムーズで広角に打ち返すタイプ。
 
 

1 2 3





  • 記者募集