データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドラフト指名選手、スカウトが注目したポイントは? 球団コメントを一挙公開<セ・リーグ>

プロ野球ドラフト会議が25日、東京都内で開かれた。中日ドラゴンズが4球団競合の末、根尾昂内野手(大阪桐蔭高)との交渉権獲得に成功。広島東洋カープは同じく4球団が1位指名した小園海斗内野手(報徳学園高)との交渉権を獲得するなど、12球団で104選手(育成含む)が指名された。各球団は候補者のどこに注目して指名を決めたのか。担当スカウトと球団のコメントを紹介する。

2018/10/26

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



阪神タイガース

1.近本光司外野手(大阪ガス)
170センチ・72キロ、左投左打
担当スカウト:畑山俊二
 安定したスイングとパンチ力を武器に、手元までボールを引き付けて打つシュアな打撃が魅力の外野手。特Aレベルの脚力も持ち合わせており、俊足巧打のトップバッターとして甲子園を所狭しと駆け回る能力を持った選手。
 
2.小幡竜平内野手(延岡学園高)
181センチ・73キロ、右投左打
担当スカウト:田中秀太
 フットワークの軽い身のこなしと肩の強さ、送球の安定感はピカイチ。身体はまだまだ細いが広角に打ち分ける技術、パワーも兼ね備えている。身体能力、野球センスともに、伸びしろを持った将来性豊かな選手。
 
3.木浪聖也内野手(Honda)
178センチ・80キロ、右投左打
担当スカウト:畑山俊二
 強肩と安定したスローイングでアマチュア球界トップレベルの守備力を誇る即戦力ショート。パンチ力を秘めた打撃に確実性が伴えば、抜群の守備力を武器に1年目から内野のレギュラー争いに食い込める力を持つ。
 
4.齋藤友貴哉投手(Honda)
184センチ・90キロ、右投左打
担当スカウト:畑山俊二
 最速153キロの威力あるストレート中心で、同じ腕の振りで投げるカットボールも持ち味の即戦力右腕。コントロールと変化球の精度に更に磨きをかければ、一線級の投手としてローテの中心を担える力のある選手。
 
5.川原陸投手(創成館高)
184センチ・80キロ、左投左打
担当スカウト:田中秀太
 球持ちが良くボールの出所が見えにくいフォームから、スピードガン表示よりも速く感じるキレのあるボールを武器にする左腕。身体を鍛えてボールに威力が伴ってくれば、貴重な左腕として投手陣の一角に入り込める力を持った選手。
 
6.湯浅京己投手(富山GRNサンダーバーズ)
183センチ・88キロ、右投右打
担当スカウト:筒井和也
 威力のあるストレートとカットボールが持ち味の、将来性豊かな右腕。プロの世界で身体を鍛えてボールの威力が増せば、将来的に先発の柱として活躍できる可能性を持つスケールの大きな投手。
 
◇育成
1.片山雄哉捕手(福井ミラクルエレファンツ)
177センチ・83キロ、右投左打
担当スカウト:熊野輝光
 どっしりとした体格から、長打を兼ね備えた強打が持ち味の攻撃型の捕手。強肩を生かしたスローイングや、インサイドワークにも定評があり、今後の伸びしろにも期待ができる将来の正捕手候補。
 
 

中日ドラゴンズ

1.根尾昂内野手(大阪桐蔭高)
177センチ・80キロ、右投左打
担当スカウト:米村明
 身体能力抜群で、中学時代、野球、スキー、陸上と全国トップクラスの上、学業でも成績優秀、野球において向上心もあり、プロ野球入団してもリーダーシップになれる素材である。
 
2.梅津晃大投手(東洋大)
187センチ・90キロ、右投右打
担当スカウト:正津英志
 角度のあるストレートは威力抜群。スケールの大きな投手で、まだまだ伸びしろを感じさせる。
 
3.勝野昌慶投手(三菱重工名古屋)
183センチ・89キロ、右投右打
担当スカウト:清水昭信
 恵まれた体格で変化球の威力があり、カットするストレートを武器とする力投型の右腕。ボールも重さが持ち味で、スタミナも十分。
 
4.石橋康太捕手(関東第一高)
180センチ・87キロ、右投右打
担当スカウト:八木智哉
 強肩、強打が魅力のバランスのとれた捕手。
 
5.垣越建伸投手(山梨学院高)
184センチ・96キロ、左投左打
担当スカウト:八木智哉
 体格も良く、パワーでおせる左腕、変化球のコンビネーションも使え、試合を支配できる優れた投手。
 
6.滝野要外野手(大阪商業大)
185センチ・76キロ、右投左打
担当スカウト:米村明
 地肩が強く、送球も安定している、打撃はミート力抜群で広角にヒットが打てる、盗塁もできる走力もある。
 
 

1 2 3