データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



中日・与田新監督、根尾の交渉権獲得に大興奮 駆け引き一切なし!「一秒でも早く契約して」

2018/10/25

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , ,



二刀流起用は「本人が一番いい形で」

 2018年プロ野球ドラフト会議は25日、東京都内で行われ、大阪桐蔭高の根尾昂内野手(3年)は、4球団競合の末に中日ドラゴンズが交渉権を獲得した。就任したばかりの与田剛新監督が喜びを語っている。
 
 走攻守で超高校級を誇る根尾の交渉権を、地元・岐阜と同じ東海地方にある中日が獲得した。4球団競合の末に「当たりクジ」を引いた与田新監督は「本当にホッとした」と第一声。4人中で一番手に抽選箱に手を入れたが「右手は私の利き腕。下から2番目をという感覚で掴むつもりだった」と運命の瞬間を振り返った。
 
 根尾に対する評価については「走攻守揃った、まさしく『野球選手』で非常にレベルも高い。プレーは甲子園をテレビで見ただけだが、本当に将来中日ドラゴンズを背負って立てるような素晴らしい選手になると思う」と未来を見据えて絶賛している。
 
 打者としては巧打と長打力が光り、投げては最速150キロをマークするなど投打で類まれな才能を持っている根尾。与田監督は起用法を問われると「本人が一番やりたいことというのが望ましいが、全てにおいてレベルが高い選手なので、上手く育つように本人が一番いい形で力を伸ばしてあげられるような起用法になると思う」。入団が決まったら、じっくり見ていきたい」と考えを明かし、二刀流についても「会って話を聞きたい」とした。
 
 験担ぎはしなかったというドラフト会議初出席の与田新監督。当初から球団として根尾の指名を表明していた。指揮官は「駆け引きは全くするつもりなかった。駆け引きどころか、欲しいんだという気持ちを。封筒を掴む時は『絶対に来い』という気持ちで引いた」と就任したばかりの監督らしく初々しい言葉を口にしている。
 
 今季はリーグ5位に低迷した中日だが、スーパースター候補の交渉権獲得によって期待の声が膨らむことは確実。最後に本人に掛けたい言葉として「早く契約してくださいと。一分一秒でも早く契約していただきたい」と興奮を抑えられない様子だった。
 
取材・氏原英明