データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンク・工藤監督「本当に頼もしく見えた」 選手を信じて西武撃破し日本S進出

2018/10/21

text By

タグ: , , , , , , , , ,



 ペナントレース2位の福岡ソフトバンクホークスが21日、メットライフドームで行われた王者・埼玉西武ライオンズとのパシフィック・リーグ、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦に6-5で勝利。シリーズ4勝2敗(西武のアドバンテージ1勝含む)で2年連続の日本シリーズ進出を決めた。
 
 ソフトバンクは初回、無死満塁から4番の柳田悠岐外野手がセンター左へ走者一掃の3点タイムリー二塁打を放ちいきなり先制に成功。5回、好投を続けていた先発の高橋礼投手が2点を返され1点差とされたが、直後の6回に先頭の柳田が右中間へ2試合連発となるソロ本塁打を放ち4-2と突き放した。
 
 6回、2番手のリバン・モイネロ投手が浅村栄斗内野手にソロ本塁打を浴びたが、終盤の8回に上林誠知外野手が2死一、二塁からライトオーバーの2点タイムリー三塁打を放って6-3と初回以来となる3点差に突き放す。
 
 6-4と2点差で迎えた9回は、クローザーの森唯斗投手が中村剛也内野手にソロ本塁打を浴び1点差に詰め寄られたが、最後は森友哉捕手を二ゴロに打ち取って試合終了。ソフトバンクが6-5で西武を振り切り、ペナントレース2位から2年連続18回目の日本シリーズ進出を決めた。
 
 試合後、ソフトバンクの工藤公康監督は、声援を送ってくれたファンに感謝しながら「ホッとした」と第一声。「(リーグ覇者の西武に対しては)挑戦する気持ちだけ。勝負事はやってみないと分からないが、とにかく西武にチャレンジして何とか勝ちたいという思いでここまでやってきた」と“下剋上”となったファイナルステージを振り返った。
 
 また攻守で西武を攻略した選手たちについては「本当に頼もしく見えた。ファーストステージでやってきたことが成長に繋がったし、またここで戦うことによって成長してくれた」と労いのコメント。「選手には苦しい思いもさせてしまったが、こうして勝つことができて次のステージに行けるので、本当に良かった」とベンチにいる選手全員を使っての層の厚さを見せた戦いを経て、日本シリーズ進出という結果を残せたことに納得の表情を見せた。
 
 逆境を跳ね除け再び頂点を争う戦いの舞台に駒を進め、日本一連覇へ向けて改めてスタートを切ったソフトバンク。セントラル・リーグ王者の広島東洋カープと日本シリーズで対戦するのは史上初めてとなるが、指揮官は最後に「これで福岡に帰ることができる。ファンの皆さんの前で戦うことができるので、やるからには日本一になれるように頑張る」と意気込みを語った。