データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大阪桐蔭・藤原、根尾は競合必至、スラッガータイプもずらり ドラフト会議、注目選手をタイプ別解剖<野手編>

 プロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)が25日に開催される。学生に義務付けられたプロ志望届の提出期限も締め切りとなり、いよいよ本番を迎えるのみとなった。高校・大学総勢251人に社会人・独立リーグ所属選手が12球団の指名を待つ。ドラフト候補者をタイプ別に紹介する。

2018/10/17

text By

タグ: , , , , , ,



スラッガータイプ

 清宮幸太郎、安田尚憲、中村奨成ほどの圧倒的な逸材はいないが、今年はこのタイプも多い。
 
 上位候補として注目されるのが健大高崎(群馬)の山下航汰だ。選抜では2本の満塁弾を放り込むなど、高校通算75発は魅力だ。さらに脚力もあり、ただ打つだけではないところも評価につながっている。昨夏甲子園の覇者で4番を打った花咲徳栄(埼玉)の野村佑希も将来のアーチストとして期待がかかる。懐の深いバッティングは速いストレートと変化球にもしっかり対応でき、岡本和真(巨人)のようになれる打者だ。
 
 意外な上位候補として注目されるのが日大鶴ケ丘(東京)の勝又温史だ。150キロを投げる投手力の評価も低くない。二刀流としての挑戦も期待できる。
 
 同じく二刀流だった横浜(神奈川)の万波中正、折尾愛真(福岡)の松井義弥、創志学園(岡山)の中山瞬も長距離砲としての期待がかかる。万波は粗削りなところが多々あり、評価が分かれているはずだ。豪快なスイングが持ち味の智弁和歌山(和歌山)の林晃汰、九州屈指のスラッガー・明豊(大分)の濱田太貴、隠れた逸材として石見智翠館(島根)の水谷瞬、市岐阜商(岐阜)の中神拓都などもいる。
 
 大学生では捕手ながら頓宮裕真(亜細亜大)がナンバーワンスラッガーだ。侍ジャパン大学代表に選出され、高校代表との壮行試合では低めのスライダーを左中間に運ぶとてつもないパワーを見せつけた。プロでは一塁手などでの起用もあり得るのではないか。中山翔太(法政大)は山川穂高(西武)のような豪快なスイングが持ち味だ。侍ジャパン大学代表の4番・伊藤裕季也(立正大)、岩城駿也(九州産業大)がどこまで評価を受けるか楽しみだ。
 
 社会人では笹川晃平(東京ガス)が堂々の1位候補。プロが最も欲しがる右のスラッガーで社会人出身となれば、1年目からレギュラーとなる即戦力を求めるチームは指名に動くはずである。

1 2 3



  • 記者募集