データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



中後悠平、DeNAは日本復帰にベスト。米国で変化した野球観、“プライド捨てた”左腕と球団繋ぐキーワード 

横浜DeNAベイスターズは4日、ダイヤモンドバックス傘下2Aを自由契約となった中後悠平投手との契約合意を発表した。背番号は「91」に決まった。

2018/07/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



ラミレス監督就任によって変化したDeNAの雰囲気

 アレックス・ラミレス監督の就任以降、球団の雰囲気はガラっと変わった。
 
 ラミレス監督は選手を悪く言うことはほとんどない。厳しい起用法が顔をのぞかせるときはあるが、結果を残せなかったからといって、プレーの揚げ足を取ったりはしない。常に選手がポジティブになれるような空気をつくっている。
 
 さらには、主将の筒香嘉智外野手の存在も大きい。
 
 旧態依然とした日本野球界に疑問を感じている筒香は、自身がドミニカ共和国のウインターリーグに参加して経験した「野球を楽しむこと」をテーマに掲げている。ロッカールームに明るい雰囲気が漂うのは、そんな主将の野球への想いがある。
 
 中後が一花を咲かせることができるか否かは誰にも分からない。しかし、いまのDeNAであれば、結果がどちらに転ぶにせよ、彼が力を発揮できる環境ではないか。
 
 「楽しむ」というキーワードに両者は繋がっているはずである。
 
 
文・氏原英明

1 2 3