データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本ハムの“大砲”近藤健介、交流戦「打撃二冠」なるか 身長173センチ…小兵戦士が躍動

2018/06/14

text By

タグ: , , , , , , ,



13日終了時点で5本塁打はトップ、14打点は2位タイ

 日本ハムファイターズの近藤健介捕手が、プロ野球セ・パ交流戦の「打撃二冠」を狙える位置で奮闘中だ。173センチの小さな身体ながら、持ち前の長打力でチームを上位進出へ向けて引っ張っている。
 
 近藤は、現在行われている交流戦において、13日終了時点で打率.371(35打数13安打)、5本塁打、14打点。5本塁打は全選手中トップの数字で、13打点も埼玉西武ライオンズの山川穂高内野手に次いで2位タイに付けている。
 
 これまで12試合にしており、無安打に終わったのは4試合(うち1試合は代打出場)。複数安打は4度記録している。中でも本塁打は、交流戦初戦の読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で先発の山口俊投手から先制本塁打を放った後、6月1日、3日の中日ドラゴンズ戦(札幌ドーム)、同月9日~10の横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)とそれぞれ出場2試合連続で放ち好調ぶりを安定して見せた。
 
 三塁打も12日の阪神タイガース戦(札幌)で1本記録し、長打力をいかんなく発揮している近藤。長打率(1打数あたりの塁打数の期待値:最高値は全打席で本塁打を放った場合の4.0)は、規定打席に達している選手のうちトップ.886を誇っている。
 
 2位が打率.385で二塁打5本、本塁打4本を放っているDeNAの筒香嘉智外野手が記録している.821なだけに、この.886がどれだけ高い数値かが分かる。

2015年に打力が本格開花。故障乗り越え今季は自己ベスト更新へ

 身長173センチ、体重85キロ。小柄ながらガッチリした体格を持つ近藤は、捕手登録ながら主な守備位置は外野手。あるいは指名打者を任されている。打撃力を最大限生かす意図の起用は、近藤を年々成長させることに成功した。
 
 名門・横浜高校(神奈川)在学中の2011年秋にドラフト4位で日本ハムに指名され、その打力の才能が開花したの2015年。129試合の出場で504打席に立った近藤は、打率.326をマークし初めて3割の大台を超えるとともに、二塁打33本、本塁打8本を放ち塁打数は200を超えた。
 
 翌2016年は膝の故障に悩みながらのシーズンで打率.265にとどまったが、2017年は再び本来の実力を取り戻す。椎間板ヘルニアで手術を受け長期離脱を余儀なくされたものの、57試合の出場ながら打率.413をマーク。100打席以上の選手としての歴代最高打率を残し、翌年の活躍を予感させた。
 
 そして迎えた2018年、予感は的中。6月13日終了時点で打率.357、本塁打も7本と2015年に記録した8本にあと1本に迫っており、自己最多更新は確実。打点も32を数え、2015年の60という数字を超えるペースで積み上げている。
 
 交流戦では、本塁打と打点の二冠王を射程の位置に捉えている。チームは6勝7敗で12球団中6位となっているが、今季通算のパ・リーグ順位で見てみると首位・西武と3.0ゲーム差の2位。“小さな大砲”近藤が、2016年以来2年ぶりのリーグ制覇へ向けて今季はシーズンを通じて好調を維持しチームを引っ張る。