データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武・菊池雄星が迎えた二度目の開幕。“心と身体の一致”で上げたギア、無失点マウンドが印象付けたエースの復活

埼玉西武ライオンズの菊池雄星投手が6月1日、阪神タイガース戦に先発登板し、今季6勝目を挙げた。左肩の張りで5月6日に登録を抹消されて以来の1軍マウンド。開幕からいまひとつ調子が上がらなかったエースが明るい兆しを見せた。

2018/06/05

text By

タグ: , , , ,



復帰戦としては上々の結果

 “二度目の開幕”は無失点でマウンドを降りた。
 
 6回を投げ、被安打3、2四球、9奪三振。細かい内容にけちをつければたくさんの課題は見えたが、約1カ月ぶりの復帰戦としては上々だと言えるだろう。
 
 ボールの球速よりも、配球よりも、エースの矜持というよりも、何より心と身体が一致しているように見えたのが、菊池雄星の復活を印象付けた。
 
 ピンチを迎えたのは2回と5回。いずれも三塁に走者を置く、失点覚悟のシーンだった。
 
 エースと言われる投手は、試合展開を読みながら投げる必要がある。「1点はOK」。守備陣形がそれを許容してもエースだけは譲ってはいけない覚悟のもと、バッターに対峙する。
 
「隙を見せて、相手のピッチャーが逆にギアを上げてきたら、流れが変わりますからね。例えば、則本さん(楽天)とか、どれだけ点差があっても、ギアを上げて流れを変えてくる投手がいますから」
 
 昨季、菊池が語っていた言葉だ。「たったの1点」でも、エースから奪った得点なら、相手が勢いづく時もある。
 
 2回、内野安打と自らのミス二つで、1死三塁とした。ロサリオを三振に取って江越大賀を迎えたところで、菊池はギアを上げた。
 
 スライダーで空振りを取ると、ストレートを連投。2球目は153キロ、3球目は157キロを計測する力強いボールで三球三振に斬って取った。
  
 5回は、先頭の中谷将大にライトフェンス直撃の三塁打を放たれ、絶体絶命のピンチを迎えると、ここでもギアを上げた。
 
 ロサリオ、江越を連続三振に抑え、四球を挟んだ後、植田海を変化球で三振に斬って取る圧巻のピッチング見せた。

1 2 3