データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武、ロッテにまたも逆転 栗山の今季1号など3HRで快勝

2018/04/21

text By

タグ: , , , , ,



 埼玉西武ライオンズは21日、本拠地メットライフドームで千葉ロッテマリーンズと対戦し、9―3で勝利。栗山の今季1号など3本塁打を含む10安打で、本拠地8連勝を飾った。
  
 前日まで2試合連続で逆転勝ちの西武。この日も先制を許したが、自慢の打線が4回にロッテ先発・酒居をつかまえた。
 
 3点を追う西武は4回裏、浅村の右前打、山川、森の連続四球で満塁とすると、外崎の犠飛で1点を返した。さらに2死満塁とチャンスは続き、栗山に今季1号となる右翼スタンドへの3ラン本塁打が飛び出し、逆転に成功した。
 
 5回は源田が左安打で出塁すると、浅村がバックスクリーンに飛び込む今季4号を放って2得点。続く山川が今季6号のソロを左翼へ運んだ。7回には源田、浅村、山川の連打で2点を追加した。
 
 先発・多和田は、初回三者凡退の好スタート。4回1死満塁のピンチでは平沢に走者一掃の三塁打を浴びて3点を失ったが、5回6回は無失点に抑えた。7回以降も平井、ワグナー、小石がロッテ打線を抑え、リードを守り切った。