データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武、8点差を逆転し日本ハムに劇的勝利 森がサヨナラ打「ほっとした」

2018/04/18

text By

タグ: , , , , ,



 埼玉西武ライオンズは18日、本拠地メットライフドームで北海道日本ハムファイターズと対戦。8点差をひっくり返し、9-8でサヨナラ勝ちした。
 
 西武は日本ハムの先発・高梨を打ち崩せず7回まで3安打と打線が沈黙。0-8で迎えた8回裏、日本ハムの後続の制球が乱れたことを機に打線が勝負強さを発揮した。
 
 8回の先頭・金子侑、秋山の連打などで無死一三塁とすると、3番手・田中豊が浅村に四球を与え満塁を迎えた。山川、森にも2連続四球の押し出しで2点を挙げた。さらにチャンスは続き、外崎が代わったトンキンから左翼への適時二塁打、栗山が中前適時打、中村の左前打で4得点。さらに金子侑の二ゴロの間に1点を追加した。この回打者11人5安打の猛攻で7-8と1点差に迫った。
 
 9回裏、先頭・源田の左前打、浅村の右前打、山川の四球で無死満塁とすると、森が右翼へサヨナラの二塁打を放った。
 
 西武・先発のカスティーヨは5回3安打1失点と好投するも、3番手・平井が中田に3ランを許すなど7、8回に7失点。敗戦が濃厚に見えたが、8回に打線がつながり連敗を2で止めた。
 
 サヨナラ打を放った森は「なんとか抜けてくれと思った。抜けてほっとした」と安どの表情を浮かべた。辻発彦監督は8点の逆転について「まさかというのが一番」と話したが、「つなぐ意識が大きかった。きょうの1勝は大きい」と振り返った。