データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



DeNA、「交流戦SERIES2018」のTシャツデザイン発表 “ジャンプ”テーマに全15種類

2018/04/06

text By

photo

横浜DeNAベイスターズ



 横浜DeNAベイスターズは6日、北海道日本ハムファイターズと対戦する「交流戦SERIES2018」(6月8~10日、横浜スタジアム)で、Tシャツ付きチケット購入者に配布するTシャツデザイン全15種類を発表した。
 
 「交流戦SERIES」のTシャツコンセプトは「JUMP(ジャンプ)」。交流戦優勝、リーグ優勝に向けて大きくジャンプしてほしいという願いが込められた。Tシャツのデザインは、山﨑康晃投手の登場シーンに起こる「ヤスアキジャンプ」や筒香嘉智外野手とロペス内野手のホームラン後のパフォーマンスをジャンプをイメージさせるイラストで表現した。
 
 Tシャツ付きチケットは3試合で合計約7万3000枚販売する。デザインは全15種類で、合計21選手が登場する。
 
 山﨑は「ヤスアキジャンプの様子が伝わってくる、“JUMP” Tシャツのデザインはお気に入りです!他の選手のデザインもそれぞれの個性が出ていると思います。シーズンにおいて、交流戦は非常に大切なポイントになるので、この“JUMP”Tシャツを着て、球場全体を青に染めてください!」と来場を呼び掛けた。