データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武・カスティーヨ、公式戦初登板は7回途中5奪三振1失点 5回までパーフェクト

2018/04/04

text By

タグ: , , , , ,



 埼玉西武ライオンズのカスティーヨ投手は4日、本拠地で行われている福岡ソフトバンクホークス戦に先発登板。初の公式戦で6回2/3を4安打5奪三振1失点と好投した。
 
 カスティーヨは初回、先頭・今宮の空振り三振に取ると、三者凡退の無失点スタート。2回以降も最速155キロの直球と変化球を織り交ぜ、アウトの山を築いた。5回まではすべて三者凡退に抑えるパーフェクトピッチング。6回表に上林、甲斐に連続安打を許して制球が乱れ、1死満塁のピンチを併殺打で切り抜けた。7回は四球、中村の適時打で1点を奪われ、2死一二塁マウンドを下りた。代わった野田が代打・江川を三振に取った。
 
 登板前日には「キャンプから調整し、準備はできている」と語っていたカスティーヨ。ドミニカ出身の剛腕が持ち味を発揮し、本拠地デビューを飾った。
 
 試合は7回が終わり、西武が2-1でリードしている。