データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ロッテ、本拠地・ZOZOマリンに歴史的本塁打の着地点示す“レガシート”登場

2018/03/29

text By

photo

千葉ロッテマリーンズ

タグ: , , ,



 千葉ロッテマリーンズは29日、2018年レギュラーシーズンから本拠地・ZOZOマリンスタジアムに「レガシート」が登場すると発表した。
 
 歴史的本塁打が着地した座席3カ所を「レガシート」に定め、通常の青色のシートからオレンジ色のシートに変わり、プレートが貼られる。歴史的本塁打の着地点は▽2017年7月15日・鈴木大地内野手の本塁打(ライト3列387番、本拠地・オールスターゲームでのロッテ選手初の本塁打)▽2017年9月24日・井口資仁監督の本塁打(ライト2列624番、引退試合での9回同点2ラン)▽2017年9月29日・オリックスのマレーロ内野手の本塁打(レフト8列407番、日本球界10万号本塁打)――となる。
 
 井口監督は「レガシートとして自分にとっても記念の本塁打をZOZOマリンスタジアムの記念に残していただけて光栄です。今年もレガシートとして残るような劇的な一打をたくさん出せるようなシーズンになればと願っています」とコメントしている。