データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武・雄星に160キロ到達の予感。日本人左腕初の快挙へ、調整法が裏付ける確かな期待感

埼玉西武ライオンズのエース・菊池雄星投手。昨季は日本球界左腕最速の158キロを記録し、リーグ最多勝、最優秀防御率のタイトルを獲得した。プロ9年目を迎え、菊池が進化し続ける背景には左腕特有の調整法があった。

2018/03/30

text By

タグ: , , , ,



菊池が取り組む“左腕特有”のコンディショニング

 開幕を前にしたラスト登板は5回無失点。埼玉西武ライオンズのエースになって2年目のシーズン、菊池雄星は泰然自若として開幕を迎える。
 
 「もちろん100%に仕上げて開幕を迎えたいとは思いますけど、大事なのは1年間しっかりできるかどうか。そこだけを目標にしていきたい」
 
 オープン戦2戦目に寝違いによる首痛を発症。オープン戦ラスト登板・DeNA戦は5回以降の続投も検討されたが、本人の意思でピッチングコーチからの打診を断った。
 
 かつての菊池なら首を縦に振っていただろう。
 
 身体の声を聞く以前に、とにかく全力でやり切ろうとする。綿密な計画性よりハートを重視する菊池は時に頑張りすぎるきらいがあったが、先を見据えて考えるようになったところに彼の成長はある。
 
 自分の身体がどのような状態にあるのか。
 
 理想とするフォームの再現性を高めていくために、いま取り組むべきことは何かというのが整理されている。トレーニング、食事、休息。昨季、最多勝と防御率の二冠に輝いた背景には、それらをすべてマッチさせて投球フォームにつなげるための取り組みがあった。
 
 そんな菊池が取り組んでいるのが、「左腕特有」のコンディショニングだ。

1 2 3