データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



マルティネス?ロドリゲス? ”やりくりイヤー”を示唆する、外国人投手の開幕シリーズ起用報道【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#72】

今年チームの柱として活躍が期待されている有原、鍵谷が開幕に間に合わない。開幕を目前に控え、不安材料が増える中、栗山監督はどのような采配を振るうのか。

2018/03/24

text By

タグ: , , , ,



埋める穴は大谷のみあらず

 開幕展望である。ファイターズは3月半ばになって、鍵谷陽平の離脱(前腕内側の筋挫傷、全治3週間)という想定外の事態に見舞われた。つまりエース格の有原航平、抑え候補の鍵谷陽平の2枚が開幕に間に合わない。
 
 世間的には黄金ルーキー、清宮幸太郎の戦線離脱(限局性腹膜炎による入院)のほうが大きなニュースとして扱われたが、切迫の度合いが違うのだ。清宮はじっくり育てればいい。いずれは必ず出てくる素材だ。メディア要請や営業の観点に立てば「黄金ルーキー、いきなり開幕スタメン!」を実現させたいところだろうが、無理させる必要はまったくない。中田翔だって陽岱鋼だって鎌ケ谷で腕を磨いたのだ。高卒1年目で開幕スタメンを張り、いきなり岸孝之(当時、西武)の変化球に対応した大谷翔平が破格すぎたのだ。
 
 開幕前に出揃ったパの順位予想を見ると、評論家諸氏は軒並み「6位、日本ハム」である。稀に「5位、日本ハム」の人がいると何か嬉しい気持ちになるくらい低評価だ。理由は判で押したように「大谷の抜けた穴」。投打の中心を一人でこなしてきたスーパーヒーローが消えてしまった。もうそれはその通りなので何も言うことはない。大谷不在がいかに大きな影響を及ぼすのかは2017年シーズンを見れば明瞭だ。
 で、ファイターズファンなら皆、諒解されていることと思うが今季は「大谷の抜けた穴」だけではない。「増井、マーティン、谷元の抜けた穴」、そして「大野奨太の抜けた穴」なのだ。もう道だとしたら穴だらけでボコボコだ。投打のスーパーヒーローに加えて、勝ちパターンの中継ぎ&抑え、主戦級捕手がごっそり抜けた。そりゃ「6位、日本ハム」予想もわからなくない。
 
 で、話は冒頭に戻るのだ。そんな「抜けた穴」だらけのチーム事情で、エース格と抑え候補が戦列離脱した。暗雲垂れ込めるってやつだ。いやだなぁ、暗雲。僕ら野球ファンは頭では「暗雲垂れ込める」とわかっていても、シーズン到来となるとウキウキしてしまう習性だから、よくよく胸に手を当ててみれば野球が見れたら何でもいいのかもしれない(苦笑)が、暗雲は暗雲と認識しとかないと3月30日開幕からザーザー降りで全身ずぶ濡れという事態にもなりかねない。

1 2