データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍ジャパン・稲葉監督が選手に贈った言葉。勝敗決める「1」の重みとは

2018/03/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 野球日本代表「侍ジャパン」は、オーストラリアと対戦した「ENEOS侍ジャパンシリーズ2018」(3日・ナゴヤドーム、4日・京セラドーム大阪)で2連勝を飾った。初めてフル代表を率いる稲葉篤紀監督にとって、2020年の東京五輪金メダルに向け、幸先のいい船出となった。
 
 トップチームを指揮するのは初めてだが、監督自身は北京五輪や第2回、第3回ワールドベースボールクラシック(WBC)に選手として、プレミア12や第4回WBCにコーチとして出場し、国際大会の経験は豊富だ。そんな稲葉監督がオーストラリアとの2戦目を前に、選手に説いたことがある。
 
「“1”を大事にしてほしい」
 
 投手は初球や1イニング目の1人目のバッター、野手は1スイング目、1歩目。国際大会では1球が勝敗を左右するため、日頃から意識してほしいという思いを込めての言葉だった。
 
 この日の試合では、1回に1番・秋山翔吾(西武)が出塁、続く松本剛(日本ハム)が初球をバントし、相手の悪送球を誘い、先制点につながった。先発・則本昂大(楽天)は先頭打者をファウルフライに仕留め、その後も圧巻の投球を見せた。稲葉監督の「1」を重視する姿勢が選手にも伝わり、それが結果に表れた試合となった。
 
 今回の侍ジャパンは、“現時点でのトップチームのメンバー”と“実力を見たい選手”の構成。稲葉監督は「このチームを土台にしていきたい」と今後の展望を語る。2020年の東京五輪へ、指揮官がチームをどう育てていくのか見ものだ。