データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





西武、ライン活用したサービスを本格導入

2018/02/09

text By

photo

埼玉西武ライオンズ

タグ: , , , ,



 西武ライオンズ(埼玉・所沢)は9日、2018年シーズン公式戦からコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」を活用した電子チケット発券などの観客向けサービスを始めると発表した。スポーツ業界では世界初の取り組みとなる。
 
 コミュニケーション型電子チケット発券サービス「Quick Ticket」を提供するplayground(プレイグラウンド、東京・渋谷)と連携し、「チャットベースのスマートスタジアム」を導入。2月10日のファンクラブWeb先々行抽選販売からシステムを開始する。
 
 「チャットベースのスマートスタジアム化」の主な取り組みは、▽ラインで電子チケットを発券▽球団公式のラインアカウントにおいてのチャットで観戦サポート▽「Quick Ticket」限定キャンペーンの実施▽電子チケット購入者のデータ活用▽球団公式のラインアカウントからの情報配信――となる。
 
 電子チケットの発券は、オンラインチケットショップでチケット購入後、受け取り方法で「Quick Ticket」を選択すると、球団公式のラインアカウントで電子チケットが受け取れる。チケットを複数枚購入した場合はラインを通じて、同伴者に渡すことができるという。
 
 さらに球団公式アカウントで試合情報・選手情報のアナウンス、座席の位置情報などを配信して観戦をサポートする。来場者の情報を取得して不正防止対策やマーケティングに活用する狙いもある。
 

スポンサードリンク