データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





わずか1試合で退団…元西武の“渡り鳥投手”は日本をどうみたのか?【インタビュー】

昨シーズン、埼玉西武ライオンズでわずか1試合のみに登板したアレクシス・キャンデラリオを覚えているだろうか? ドミニカ共和国出身の35歳右腕はこれまで9カ国でプレーした“渡り鳥”だが、日本での生活やプレーをどのように感じたのか。話を聞いた。(取材・文:高橋康光)

2018/02/04

text By

photo

Yasumitsu Takahashi

タグ: , , , ,



「MLBに行く牧田(和久)ともよく話しましたよ」

――様々な国でプレーされていますが、そうしたオファーは代理人が探してくるのでしょうか?
 
 「代理人と契約していた時期もありますが、今は契約していません。ただ基本的には自分で探しています。その地でプレーしている友人が紹介してくれたり、また知人のつてを頼ってみたりなど、自分でコンタクトしてきました」
 
――外国生活にアジャストしていく秘訣はあるのですか
 
 「おそらく、他者をリスペクトしなさいという父親の教えが大きいのではと思います。日本だろうと、ニカラグアだろうと、オランダであろうとその場所の文化をリスペクトし同じように暮らすことを心掛けました」
 
――そういう意味では日本の生活は満足できましたか
 
 「もちろんですよ。唯一言葉だけは理解できませんでしたが。ただ英語ができる人も多かったですし、コミュニケーションに困ることはなかったですよ。MLBに行く牧田(和久)ともよく話しましたよ。非常に落ち着いた国ですし、私自身落ち着いた暮らしが好きなので生活しやすかったです」
 
――確かにあなたは踊って騒いでという典型的なドミニカ人という感じではありませんよね
 
 「(笑)少し落ち着いたタイプですよ」
 
――外国でプレーすることに躊躇とか不安はないですか
 
 「プレーできるところでするだけです。不安もないですし、それが人生だと思っています」

スポンサードリンク

1 2 3