データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【春季キャンプ見どころ・楽天】先発ローテ争いはし烈に。左偏重打線の解消へ、右打者の成長に期待

2月1日からプロ野球の春季キャンプが一斉にスタートする。大物ルーキー、新外国人、フリーエージェント(FA)移籍など新加入の選手に注目が集まるが、それぞれのチームがシーズンを勝ち抜くためにポイントはどこか。

2018/01/29

text By

タグ: , , , ,



則本、岸、美馬に次ぐ先発投手は?

 大きな戦力アップもダウンもなく迎える東北楽天ゴールデンイーグルスの2018年シーズンは、昨季3位からのさらなるステップアップが期待される。昨年は開幕ダッシュに成功したものの、夏場あたりから失速。戦力層の厚みが課題になってくるだろう。
 
 キャンプでは先発ローテーション候補のし烈な争いが繰り広げられそうだ。
 
 先発投手陣は、エースの則本昂大、岸孝之、美馬学の3枚が確立している。ここに辛島航、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルで好投した塩見貴洋ら左腕投手が絡んでくる。まだ心もとなく、4~6枚目の投手を争う先発陣の厚みが必要だ。
 
 その候補は辛島、塩見に加え、安樂智大、釜田佳直、森雄大ら若い投手たちだ。
 
 安樂はルーキーイヤーにプロ初勝利を挙げながら、この3年で5勝止まりだ。そろそろエースへの足掛かりをつかみたい。2度の手術を乗り越えた釜田も踏ん張りどころだ。昨シーズン4勝と結果は出ていないものの、内容のいいピッチングは何試合かあった。ピッチングの安定が出てくれば、ローテーションは務められる。2012年ドラフト1位の森は“大型左腕”のとして期待を受けてきたが、いまだ覚醒していない。しっかり投げられれば、角度のある球は生きてくるはずだ。

1 2