データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





星野仙一氏、70歳で死去 最後の最後まで野球に情熱を燃やす

2018/01/06

text By

photo

Getty Image

タグ: , , , , ,



 中日のエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の監督を務めた星野仙一氏が4日、死去した。70歳だった。楽天球団が6日に発表した。
 
 星野氏は倉敷商高から明大を経て、1968年にドラフト1位で中日に入団。1年目から先発・中継ぎとして活躍し、8勝9敗、防御率3.12の成績。1974年には巨人の10連覇を阻止する大活躍で、15勝9敗10セーブ、防御率2.87で沢村賞と初代最多セーブに輝いた。通算146勝121敗34セーブ、防御率3.60の成績を残し、1982年に現役を引退した。
 
 引退後は解説者などを経て、1986年オフに中日の監督に就任。熱血漢として知られ、「燃える男」などと呼ばれた。中日では2期11年に渡り監督を務め、1988年と1999年にリーグ優勝。その後は2002年から阪神の監督に就任し、低迷が続いていた阪神を2年で18年ぶりのリーグ優勝に導いた。
 
 その後は阪神のシニアディレクター、北京五輪日本代表監督を経て、2011年から楽天の監督に就任。3年目の2013年に球団を初のリーグ優勝、自身初の日本一に導いた。2014年にユニフォームを脱ぎ、翌年には球団の副会長に就任。2017年には野球殿堂入りを果たしていた。
 
 球団は声明で、「息を引き取る直前まで「コーチ会議に出られるかな」と言っておりました」と発表。まさに、「最後の最後まで野球に情熱を燃やし、野球に一生を捧げた星野副会長」だった。

スポンサードリンク