データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





遊直を落として併殺狙い…、グラブごと一塁へ…判定はどうなる?【意外と知らない野球ルール3問クイズ】

 野球には、様々な状況を想定した「公認野球規則」がある。このルールブックによって、想定外と思われるような珍場面でも公正な判定を下すことができる。今回は「名珍場面から振り返る野球のルール」(カンゼン、2014年刊行)より、難解な野球規則を過去の事例からクイズ形式で出題する。

2017/12/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



Q1:故意落球で併殺を狙ったら…

Q1:無死一塁で遊撃ライナー。遊撃手は地面スレスレで捕球後、意識的にボールを落とし、6→4→3の併殺を狙いにいった。この併殺は成立する?
 
 無死一塁で、遊撃へのライナー。 遊撃手は地面スレスレで捕球したかと思いきや、すぐにボールを落とし、6→4→3の併殺狙い。ライナーだったため、一塁走者にはスタートの判断が難しい当たりだった。 いわば頭脳的なプレーともいえるが、認められるのか?
 
A:内野手の故意落球となり認められない。一塁走者がアウトになる。
B:内野手の故意落球となり認められない。打者走者がアウトになる。
C:インプレー。併殺が成立する。

【次ページ】正解は…

スポンサードリンク

1 2 3 4 5 6